先週、土砂くずれの現場を視察

 

山の斜面がごそっと抜けているのがわかりますか?

応急処置として柵がありますが、木が何本か超えて住家のすぐそばまで来ています。

 

日本では、1年に約1000回土砂崩れが起きています。

土砂災害危険箇所は、全国で約53万か所と言われています。

というのも、国土の7割は山地だからです。

しかも、日本は島国で回りが海に囲まれているため、どんな方向からも湿った空気が入り、山に当たり、雲が発達し雨を降らせる。

あの雨の多いといわれるイギリスだって年間降水量は約900ミリ。

日本の年間降水量は約1600ミリ。

出水期にこれから入ってきます。ここ数年、大雨になれば極端な雨量となりすぐにその場所の観測史上1位を更新するような状況です。こまめに天気予報をみて活用してほしいです。

日本の山の表層斜面はこのような粘土質の柔らかい「まさ土」といわれる土が多いみたいです。水をしみ込んでドロドロに崩れやすそうなのが見てわかりますね。

ところどころ穴があいていて、これは、根が腐った所やモグラが掘ったりした所で、ここに水が入ってより崩れやすくするんです。

この土がだいたいこの場所で2mくらいあって、その下の層に石が多い層があります。

 

もし、裏山がある家では、大雨が予想された時には、早めの避難が一番ですが、自宅避難という選択もあって、なるべく斜面のある方の部屋に近づかないことです。

今度は、ダムの視察に行ってきます。

 

 

11月20日大阪市立科学館にて

関西のキャスターと東京から酒井千佳ちゃんがきてくれて、

親子向けの地球温暖化教室をしました。

img_7452

左から、奈良テレビの久保さん、MBSの広瀬さん、NHKの酒井さん、そしてYTVすまたんに出演している木島さん。

 

ぼくは、スケッチブックで絵を描いて温暖化対策をしたりしましたよ。

img_7451

そのほかにも科学館の江越さんと一緒に二酸化炭素について実験をいくつかしました。

img_7448

img_7449

img_7450

煙から出てきたら、5歳年をとっていました。

とまあ、いろいろ楽しいイベントでした。

最後にみんなで記念撮影をしましたよ!

img_7442 img_7446

また、やる時は告知をしますね。

 

広島イベントの続き

広島でのイベントのあと、江波山気象館にて、台風発生装置を体験。

img_7413

 

 

風速体験装置にて。あしたのジョーみたいな髪形とそれをやさしく見守る学芸員さん。なんかおもしろいので載せました。

 

 

img_7414

講演の告知です

いやー、梅雨に入りましたね。

先週前半くらいに近畿の梅雨入りは平年より遅れそうだとお伝えしていたのに、早目に発表が気象台からありました。

今の時期、週間予報が変わりやすくなっています。梅雨というのは、先々の予想がかなり難しい時期なんです・・・。

言い訳ではありませんが、天気予報の精度(当たり外れ)ってこの時期落ちるんです・・。気象庁のホームページにも載っています。

なぜかというのを簡単にいうと、天気は普段は西から東へと移り変わっていきますよね。次に晴れをもたらす高気圧がくるのか、雨をもたらす低気圧がくるのか、西を見て予想を立てられるんです。

梅雨の場合は、雲の帯が南北へと動くので、ぎりぎり雲がかかる、かからないなどで予想がガラッと変わってきてしまうんです。

今週も難しい予想ですが、なんとかふんばって皆様にお伝えしてまいります!

 

さて

今、いろいろと作業をしてまして、何も近況報告できることがありません・・・。部屋にこもりっきりです。

夏になると、発表できます!!楽しみにしておいてください!

そんで、講演会の告知を載せておきます。お近くであればぜひ!

28講演会チラシ (1)

 

 

今の時期おすすめの花

淡路島にある、明石海峡公園の方から素敵な花を紹介していただき、

夕方のかんさい情報ネットten.で紹介させていただきました。

花の名は、リビングストンデージー

太陽の光に反応する花で

夜とくもりや雨の時は花が閉じてるそうです。

IMG_6239

 

晴れの日になると・・・

 

IMG_6240

すごいきれいですね!

淡路島にある、明石海峡公園の陽だまりの丘という場所です。

(写真は、明石海峡公園管理センターより提供していただきました)

 

 

 

東日本大震災から5年

1年に1度でいいので、もし自分の住んでいる所が大きな災害にあったらどうすればいいのか。大雨の時はどこへ避難するのか、大地震の時はどこへ避難するのか。

1年に1度でいいので、家族で話し合っておくことが大切なのではないでしょうか。

 

事前の備えや対策は、各自治体で進められていますが、

大阪市のホームページには、災害時の館内アナウンスが載っています。

「やさしい日本語」を使うことにたいへん意識されているようです。

情報は「伝える」だけではだめで「伝わる」までいかなければならない。そんな意識がにじみ出るような館内アナウンスが載っています。

ほかの自治体や商業施設でもしっかり考えられて事前のマニュアルがあると思いますが、大阪市のこのマニュアルを参考にされてもいいかもしれません。

http://www.city.osaka.lg.jp/somu/page/0000346402.html

 

できるだけ短く、すぐ行動につながるような言葉を使うということが大切なようです。

たとえば、「避難して下さい」ではなく「逃げて下さい」みたいに。

ちょっとのことですが、このちょっとの配慮が天気予報でもできるか肝に銘じます。手を抜かず考え続けるということですね。

ちょっとのことをめんどくさがらない。平和な日常のうちに、1年に1回数分話し合うみたいな、ちょっとだけのことなんです。

でもそれが大きな分かれ道になることもあるのを5年前の災害の教訓としてあります。自分のためではなく、周りの大切な人たちを守るためにちょっとだけでいいのでやってみませんか。

 

東日本を襲った豪雨について

ここでは、メカニズムなどは詳しくは書きません。

それはテレビの中で画面などを使って詳しく説明させて頂いています。

今回の豪雨について、特に防災について僕なりの言葉で重要なことをいくつか説明させて頂きます。

まず、「50年に1度レベルの~」という表現が近年頻発しているため、正しく伝わっていない可能性があると思います。一般の方からするとこれを言われてもよくわからないという方が多いようです。50年に1回だからもう起こらないだろうとかボジョレヌーボみたいな表現で余計にわからないだとか。。。

 

近年頻度が増えている警報の基準をはるかに超えるような大雨などの現象について最大級の警戒をしていただくために2013年頃から使い始めた表現です。

その地域で50年に1度レベル」ということなので、日本として50年に1度ではありません。

その地域の過去の災害データを参考にしながら、50年に1度レベルというのが各地域設定されています。その基準に達したもしくは達するおそれがあるような時に出される表現です。よく聞くということは、安く使っているわけではなくて、あちらこちらで起こっているということなのです。

 

特別警報も今回発表されました。特別警報は警報の基準をはるかに上回る、それこそ数十年に1度しか起こらないようなレベルの時に警報から切り替わるものです。

 

注意報とは、災害が起こるおそれがある時。

警報とは、人命に関わる重大な災害が起こるおそれがある時。

土砂災害警戒情報とは、大雨警報が発表されているとき、土の中の水分量などを計算して特に危険度が差し迫っている時に発表されるもの。

特別警報とは、警報の基準をはるかに上回り数十年に1度レベルの現象が起こっている、もしくは起こるおそれがある時に発表される、気象庁が出すアナウンスとして最後通告になるもの

よく言われる問題は、特別警報があるため従来の警報が格下げしたような誤解を受けるということ。警報の時点で十分警戒しなければならないのです

特別警報が出るような時は、もうどこかで人命に関わる災害が起こっている、起こり始めている差し迫った状況で出るものなのです。つまり、その段階では周りの様子を見に行くという状況ではなくて、今すぐ命を守る行動をとってくださいと気象庁はアナウンスをします。

「命を守る行動」これもよくわからないという指摘がありますが、

あえて、僕の言い方にすると、気象庁が「みなさん死なないで下さい」と最後通告しているものが、特別警報であり「命を守る行動を」のアナウンスなのです。

「命を守る行動をとってください」の表現に賛否がありますが、これについては気象庁が、もうそうとしか言いようがないということです。

なぜならそれぞれ状況が違うからです。たとえば、避難所に行けないくらい水が町中にきていたら家の屋根に上るとか天井を突き破って屋根に上るとか電柱にしがみつくとか近所の頑丈な建物に移らせてもらうとか、今回の災害みていただけたらイメージができると思います。その時の状況では、このような具体的な指示をいちいちできません。ご自身で判断しなければならないのです。とはいえ、難しいですよね。

なので、普段からいかに想定しておくかが大事なのではないでしょうか。

 

避難指示が出ていなかったと一部のマスコミが指摘していますが、これもよく考えてください。大きな災害になればなるほど公共機関も被災するのです。しかも真夜中の災害であれば情報が混乱し遅れることも考えられます。いくら市長や役場でも経験したことがないことが起こるので100%のことをしてくれるとは期待できません。ただし、被災された方にとっては「情報が出てさえいれば・・・」と悔やまれるのは当然です。被災していない僕がこう書いていても防災の知識を今更披露しているにすぎないと感じるでしょう。

でも、今回被災されていない方は、僕と一緒に考えてください。

あなたの家族を守るために早めの防災行動が必要です。自分は一人暮らしですが・・・という人はなおさらです。あなたを助けに離れた家族が様子を見に行って災害に巻き込まれることも考えられます。

防災行動は自分のためと考えると、行動できません。なぜなら人間は「自分は大丈夫」と考えてしまうからです。これを心理学で「正常性バイアス」といいます。大切な人のためにと考えるなら、この催眠は解かれます。

そして、

自助:共助:公助=7:2:1が防災の基本とされていますが、我々日本人の防災意識は、自助:共助:公助=1:2:7と現実には逆転しています。

その割に避難指示が出ても避難行動をとる人は1割程だそうです。。。

 

まとめますと、

特別警報というのは、自衛隊の助けがいるレベルと考えていてはどうでしょう。

そして、みなさんの寝室に懐中電灯やラジオの用意はありますか?懐中電灯は別に防災グッズという規定ではなくてもご自身が使いやすいものでも結構です。ないよりはマシです。ただ防災グッズのものに越したことはないでしょう。

今回、洪水の被害にあったある母親が家の1階が浸水し始めた時、2階に避難している子供に、万が一のことを考えて、とっさに夏のプールなどで使った、子供用わきにはさむ浮き輪をもたせたそうです。結局それは使わずに済み、自衛隊のヘリで救助されたそうですが、命を守る行動をとってくださいというのは、こういうことなのかもしれません。机上での防災アナウンスではできないすばらしい発想です。それぞれの状況でのこういうことなので、命を守る行動をとってくださいとしかそれ以上言えない理由がわかっていただけたでしょうか。

我が家でも今一度、住んでいる地域のハザードマップを確認し、万が一災害が起こったらどうするか話し合いました。

 

一刻も早い復旧と安否確認、そして今後二次災害がないことを願います。

 

僕なりの言葉で説明しましたので、改めて気象庁HP上の防災コンテンツや特別警報の定義などは確認されることをおすすめします。

 

 

久々に・・・

あっという間にここを2週間ほど放置していました。。。。

さて

台風が来ています。

最新情報をこまめに確認をしてください。

梅雨台風は、梅雨前線が刺激され離れた所で大雨のおそれもあります。

ここでは、あえて詳しくは言いませんが(情報が古くなるので)

テレビで最新情報チェックをお願いします。

 

 

そして

現在、びっくりする企画が進行中で、仕事以外はそれに集中しています。。

・・・あと、2週間後にわかります!

びっくりすると思います・・・

ちなみに体を鍛えています!

 

最後に明石に行ったときに夕日がきれいでした。

夜のカーテンが降りてくる瞬間です。

一日の幕が下ろされていくみたいな夕焼けです。

IMG_4047

雲の動物シリーズ

土曜日は、大阪は未明に雨は止んで昼前から晴れてきました。

空にはまだ湿気が多く残っていて、そこへ日差しが照りつけたので、もくもくと綿雲が発生しました。一気に発達すれば積乱雲となり雷雲へと成長することもありますが、きょうに関しては北から乾いた涼しい空気が入ってきたので、綿雲が積乱雲へ成長することはなく、形を変えながらふんわりと南へと流されていました。

そんな中、こんな雲を発見!

積雲 立ち上がっている犬1

 

さて、なんかの動物に見えませんか??

わかりますか?

 

正解は・・・・

 

 

 

積雲 立ち上がってる犬2

「立ち上がる子犬」

 

どうですか?

 

または・・・

 

 

 

積雲 パンダ2

積雲 立ち上がっている犬1

パンダ!

なんかしっぽが長いけど・・・汗

 

雨上がりの晴れの日は、いろんな形に見える雲が見つけられやすいですよ。

湿気を含んだもくもく雲に日差しが当たると、雲が立体的に見えるんです。