日本橋三越本店にて【雨を楽しむ企画】やってます

6月12日まで日本橋三越本店にて【雨を楽しむ企画】をやっています。

会場には、僕の等身大パネルがあるようです。

※加筆修正

会場の等身大パネルはなくなりました。すみません!

特設ページを設けており、コラムを3つ書いています。期間限定です!

かわいらしいページを作っていただきました!!

よかったらご覧になってください。

【日本橋三越本店 雨の日を楽しむ 6/12(火)まで】

無事に朗読【アラジン】終わりました

ピアノとバイオリンの生演奏に合わせて朗読する「アラジン」無事に終わりました。

南港まで足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。

お子さんも来てくれて面白かったと言っていただいたので、ホッとしています。

絵本にアレンジを加え、効果音や音楽の入れるタイミングなどオリジナルでやりました。

演奏者がプロなので、「ランプに吸い込まれる効果音をバイオリンで」とか「このシーンにあやしい音楽を」なんていう漠然としたアイデアをすぐに形にしていただけるので、すごく楽しかったです。

もちろん、名曲「ホールニューワールド」のピアノ・バイオリンバージョンも素敵でした。

また、機会がありましたら天気予報の枠を超えた活動をしたいと思います。

南港サンセットホールという南向きの海が一望できるホールでした。

6月3日(日)阪神百貨店にて「オリジナル傘」の販売会!!

さて、今週、大阪駅目の前の阪神百貨店がリニューアルオープンします。

関西では、各メディアで大きく取り上げられると思います。

6月3日(日)13時~2階の傘屋さんでトークショー&傘の販売会が行われます!!

僕がデザインした傘が限定で阪神百貨店で発売されることになりました!

これから注目される「エコな着せ替え傘」にイラストを付けたものなんですが、可愛らしい風神・雷神図をデザインしました。

ただ、製造のほうで追い込んでいるため、僕自身も当日にならないとみられないそうです・・・。

透明の傘に特殊なシールを貼って、自分だけのオリジナル傘を作れるキットもあります。骨組みが特殊なプラスチックになっていて、再利用でき、折れない仕組みです。傘の布の部分はビニール傘のように透明で気軽に着せ替えができるようになっています。

日曜13時~、新しくなった阪神百貨店の2階でトークショー&販売会やりますので、ぜひお越しください!

まだ、正式に決まっていませんが、傘は約3000円、シールは約800円くらいだと思います・・・。

本物がないので、下書き図の一部だけ特別に載せちゃいます!

 

 

5月27日(日)アラジンをピアノとバイオリンに合わせ朗読します

朗読コンサートが近づいてきました。

きょうは練習に行ってきました。

 

「アラジン」は絵本でもいろいろあり、文章がしっかり長いものがあれば省略しているものもありと。

ピアノとバイオリン演奏に合わせての朗読なので、それ相応に調整してます。

いい曲ですよね~。

 

2月24日岸和田市立図書館にてイベント

お天気教室やりました。

募集からたった1日で定員に達したので、告知をする間もなくという感じでした。。。

オリジナル紙芝居のリアクションがよくて、手ごたえを感じました。

どーも!キャリアウーマンですっ!

って、

服がそれっぽいけども!!笑

 

【感謝】新聞掲載と気象予報士のランキング

今年、年男というやつでして

戌年に活躍を期待される人物に選んでいただき取材してもらいました。

先週の金曜の読売新聞の夕刊です。

今年36歳になるのですが、最近の気になることは「お天気おじさん」と呼ばれ始めたことです。笑

28歳でデビューした当時、全国放送で男性では最年少だったこともあり「お天気お兄さん」と呼ばれていました。

ちなみに、お天気キャスターの歴史を見ると、

1980年代は、気象予報士の制度がなかったので「気象解説者」として気象庁のOBの方がテレビの天気予報で解説されることが多かったです。

1990年代になり、森田正光さんの活躍もあり「お天気おじさん」が民放を中心に活躍しました。1994年に気象予報士制度ができ、元CAの方など女性も多く気象予報士になり気象キャスターとして活躍するようになりました。90年代後半は気象予報士の資格を持たないお天気お姉さんが活躍するようになりました。流れは、

「お天気おじいさん(例えば福井敏雄さん)」→

「お天気おじさん(例えば森田正光さん)」→

「お天気お姉さん(例えばニュースステーションの河合薫さん)」→

「お天気お姉さん(例えばめざましテレビの天気コーナー)」

といった所でしょうか。

僕が、気象キャスターを目指した時に「お天気お兄さん」がまだいないと思ったので(今思うといたのですが、そこまで把握できていませんでした)

だれもいないそこを目指そうと思ったのです。

当時、分析したのは、歌のお兄さん、演歌歌手の氷川きよしさんでした。

僕が、ちょうど分析した時代は2008年頃。

その時代は、おバカブーム、成り上がりストーリーがホスト・キャバ嬢のドラマ、イケメンブームの終わりかけ、韓流、アイドルブームでした。

極端なブームというのは、そのあとにすぐ反動で反対のほうに流れがいくと当時の自分は分析していました。カウンターブームと自分の中で名付けていました。なので、これらと反対のほうに自分を持って行って準備をして待とうと、気象予報士の勉強しながら考えてました。

この分析が合ってたかどうかはわかりませんが・・・。当時はまだタレントをしていましたので、こんなことも考えていました。今は、もうこんなことを考えながらやっていませんが・・・。

まあ、10年経つので、そろそろこんなことも暴露していこうかなと。「何かを表現することで生きていく」ために必死で探して考えていたんですね。。しみじみ。泣

 

ということで、話が脱線しまくりましたが、

最近「お天気おじさん」2割、「お天気お兄さん」8割になってきました。笑

お肌のケアと体力を気にしながら40歳までお兄さんでいけたらなと考えています。記事をパッと見たら40歳で引退するの?!と思うかもしれませんが、目標は「30年気象キャスターをやり続ける」なので、まだ折り返し地点にも届いていませんから~!!自然と謙虚に向き合って伝えていきます!

今回、インタビューを熱く耳を傾けてくださった読売新聞に感謝いたします!

そして、現在、気象予報士ランキングなるものが行われており、

みなさまの投票のおかげで

中間発表がこちら!見えるかな?!

拡大してみると・・・

なんと!!1514票も入れていただいていますので、6位に!!!

ありがとうございます!

投票に感謝~♪

君たちは真の理解者~♪

傍観者も~気持ちを発射~

ランクを変えよう~新陳代謝~♪

感謝の気持ちをあらわす当事者~

涙の光を乱反射~♪

YOYO!!チェキ!チェキ!

・・・あ、すいません、つい得意のラップが・・。

あと1週間投票しているようなので、よろしくメ~ン

あ、いや、よろしくお願いします。そして、本当にありがとうございます。。。

 

ちゃんと自分のやるべきことを考えて、外的要因(雑念)に振り回されないように天気予報をしっかりと皆様にお伝えしますね。

あすは有馬記念!

きょう土曜のスポーツ報知さんに大きく2面で記事が載っています。

予報士ならぬ予想師に・・・

果たしてどうなるか?!

スターぞろいの有馬記念ですから、どの馬がきてもおかしくないのですが、

世相を反映するといわれるレースですので、天気の面からの今年のキーワードで予想してみました。

果たして・・・。

ちなみに紙面に載っているイラストはサイン入りでプレゼント1名です。良かったら応募してみて下さい。報知新聞大阪本社編集局レース部「有馬記念予想イラスト」係宛てです。