2月1日東京で講演やります


気候講演会「海と気候変動~海が異常気象を引き起こす?~」を開催します

 気象庁では、地球環境問題に関する最新の科学的知見などの普及啓発を目的として、平成元年から毎年「気候講演会」を開催しています。内容は下記の通りです。

日時:令和2年2月1日(土)14時~16時(開場13時30分)

場所:一橋講堂

対象:一般、300名(参加費無料・事前申込制(先着順))

主催:気象庁、(一財)日本気象協会、(一財)気象業務支援センター

後援:文部科学省、環境省、地球ウォッチャーズ-気象友の会-

講演内容:「海と気象」 東北大学大学院理学研究科 准教授 杉本 周作 氏

-海洋と気象の関係、海洋が台風といった気象に与える影響について解説します。さらに、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が公表した「海洋・雪氷圏特別報告書」より海洋の現状や今後起こりうる海洋の変化など、“海洋”にまつわる最新の研究を紹介します。

「気候危機と防災」 気象キャスター 蓬莱 大介 氏

-2018年大阪を襲った台風第21号の映像を見ながら、危険度分布やハザードマップなどの防災情報の見方も含め、“防災”についてお話しします。また、気象キャスターの視点から、“気候危機”というキーワードで気候変動についてお伝えします。その他、気象キャスターの裏側の話も。

※参加を希望される方は、次の①~③を下記宛先までご連絡ください。

①代表者氏名、②参加人数、③メールアドレス

宛先:kikou-kouenkai@met.kishou.go.jp (QRコードからも取得できます。)

※申し込みをされた方には、当庁のメールアドレスから「受付完了」のご連絡をいたしますので、メールの受取が可能となるよう設定をお願いいたします。

問合せ先:地球環境・海洋部  地球環境業務課 担当 原田・田中 電話03-3212-8341(内線4225,5168) FAX 03-3211-8309  


12月25日増田さんの街角トレジャーに参加!!

クリスマス特別企画!かんさい情報ネットten.の大人気コーナー、増田さんの街角トレジャーが今年出会った人の中からクリスマスプレゼントを持っていくという企画。

なんと、僕のことを好きで僕の写真を下敷きに入れるくらいのことをしてくれている小学5年生の女の子の所へドッキリ!で行きました!

いざ、女の子のもとへ・・・

両親が海鮮丼のお店しているらしく・・・

当然行って驚かし、プレゼントで僕が描いた家族の似顔絵をプレゼントしました。

関西のみなさんはお馴染みのコーナーですが、全国の知らない人のために。

増田さんのこのコーナーは、夕方の時間帯で占拠率が30%以上になるんです。つまりテレビをつけている3人に1人が見ているくらいに大人気!

増田さんと仕事すると楽しい!!

密着記事の未収録ver.

朝は大阪城公園を散歩してから会社に行きます。

会社に行きながらもネタを探します。

着いたら、ウェザールームのスタッフと紅葉の話しを番組でできるか相談している所です。

天気図やいろんなデータを見ながら、あす以降の天気を予想します。約1時間半・・・

メイクは昼過ぎてから。ミヤネ屋本番直前か番組が始まってから・・・

髪型はメイクさんにやってもらいますが、顔は基本自分でやるようにしています。

「メイクは顔に塗るものではなくて、置いていくもの」だと開眼しました。笑

道具にはこだわります!

アイデアは、基本同じ場所で生み出すようにしています。

習慣づけですね。トイレ行ったらしたくなるみたいな・・・

いつもの机、いつもの道具、いつもの環境でアイデアが出るみたいな。

頂いたお手紙はすべて読んでいます。そしてすべて保存しています。

直前にデータを見て、オンエア画面で話す内容を確認してスタジオに向かいます。結構バタバタです。。。

スタジオ本番中のCMの間でもスタッフと時間尺の打ち合わせしながら、内容を微調整。だいたい尺が短くなることがほとんどですが。

ミヤネ屋が終わると、すぐさまten.の準備。出番2回分の構成内容を考えて画面を作成し用意します。

合間に外に出て空の様子もチェック!

綺麗な夕焼けの大阪城公園の写真をツイッターに載せたりします。

ここまで来てふと気づいたんだけど、天気予報でテレビに出ている時は割とニコニコしているけど、日常は時間に追われて必死ですね。笑

笑顔の写真がない。それだけがガチ密着だったということです。

オンエアで楽しくやるために、準備は真剣です。。。

番組の合間に筋トレもします。肩の筋肉がちゃんとないと、スーツが綺麗に着れません。なで肩だと災害時に頼りなく映るので。腹筋もたまにして、10年間体型をなんとか維持しています。

とまあ、だいたいこんな1日なのですが、

気象キャスター僕一人でやっているわけではありません。

お天気の蓬莱さんと呼ばれる時はチーム名なんです。

天気ネタのリサーチや画面設定をしてくれるスタッフ、画面作画をし一緒に構成を考えてくれるウェザーニューズのスタッフ、メイクさん、衣装さん、音声さん、カメラさん、番組スタッフ、これら全員の「作品」です。

毎日が大人の文化祭みたいな感じ?!笑

テレビを観ることが好きだったけど、作る側に立ってみて思った。

「作り手の方が100倍面白い!」

たまに嫌なこともあるけど、

天気を伝えるという好きなことが、うまく仕事につながったのは有難いの一言です。

だって必ずしもそうとは限らないからね。

好きなことも仕事でやっちゃうと嫌いになってしまいそうなら趣味として携わる方法もあるし、実際その世界では仕事としては向いていない場合もあるし。

でも、何か興味があればその世界を一度のぞいてみるのも若いうちは良いと思う。向いてなかったら別の道を探せばいい。そうやって人生の旅をして、これだ!と思う人や仕事に出会う。勇気を出して、いろいろ旅をしないと出会えないのよ。

そして、その旅の途中で失敗したことは、後から笑い話しになるのよ。僕で言うと、俳優やバンドやってた時のこととか。しかも、そういう寄り道したことが今の天気を伝える仕事の道にめちゃめちゃ役に立ってるっていうね!・・・でもこれって大人にならないと気づけないんだよな。だから、好きなことに出会えたなら、それを仕事にするなら、これからも僕は命かけて、人生かけて、天気予報をやっていきます。

まだ、そういう所に迷っている人は、「とりあえず旅してみたら?冒険してみたら?向いてなかったらケツまくって逃げればいいやん」

この辺の話しは、学生向けの講演会なんかでやっていますので、また良かったら来て!(宣伝)笑

お天気教室実施

大阪府高槻市にて歯医者さんの開業1周年記念で、ご近所の皆様にお集まりいただき、あおぞら教室を実施しました大阪府高槻市にて歯医者さんの開業1周年記念で、ご近所の皆様にお集まりいただき、あおぞら教室を実施しました

新刊「空がおしえてくれること」のサイン会も行いました

11月10日兵庫県たつの市で講演会

兵庫県の西の端、姫路と赤穂の間くらいにたつの市があります。

揖保川という川が流れています。

そうめんの揖保乃糸って聞いたことありますか?

あの、揖保(いぼ)です。

防災の講演会を行いましたが、現地調査も兼ねて揖保川に行ってきました。一級河川というだけあって川幅が150mくらいあるんじゃないかな。

揖保川大橋という橋です。川の上流をずっと行くと、引原ダムがあります。大きな治水の役割を担っており、2018年の西日本豪雨の際は、ダムが下流の洪水被害を防いだとのこと。

1級河川の氾濫が今年も相次いでいますが、これほどの川が氾濫するなんて正直、住んでいる方もなかなかイメージしずらいかもしれない。と思いました。

しかし、近年の雨の降り方は、それだけ激甚化しているということです。

堤防があるから安心、ダムがあるから安心、というだけの時代ではありません。併せて情報を手に入れ、早めの備えをしておくことが重要です。

11月2日明石市にてクリスマス点灯式

今回は、事前に明石市でも自分にゆかりのある場所に事前に行ってロケをしてきて、それをクイズにして出すという企画をやりました

明石を西から東へ横断したため「明石横断ウルトラクイズ」と題した企画。

明石ケーブルテレビさんと楽しくワイワイロケをしました。

「空がおしえてくれること」のサイン会をしました!行列!ありがとうございました。