気象キャスターっつーのは何なんだろう

問い合わせフォームに変わったメールをいただきました。それの返信をオープンにしながら気象キャスターについての考察をしてみようかと思う。いささか散文的で飲み込みずらいものではあるが、誰のために時間を費やすのだろう?自分のためです。ここは荒れるのを覚悟で、コメント欄をオープンにしておきます。

メッセージ本文: (名前は伏せておきます)
天候に左右される仕事をしています。地域は兵庫県南部です。
予報のポイントが近畿一円のような大きなものではないかと疑うほど当てに
ならないことがよくあります。雨が降っているのに晴とかその逆とか気象庁の
雲の動きで自分で予想した場合が安心できることも少なくありません。
 蓬莱氏は予報以外にいろいろとタレント業務をされているようですが、本来の
気象の研究をされているのでしょうか。へんな講釈を言われるより気象庁の受け売
ですと言われた方が腹がたちません。
 私以外にも多くの職業の方が予報を見て明日の仕事を左右されていると思います
みなさん生活が懸かっているのです。蓬莱氏のようにいいばっなしで無責任な仕事
は他にないのです。
正確な予報ができるように勉強してください。予報に専念して

こういうメールをいただきました。天気予報をしていて、お叱りを受けることがありますが、この内容は自分の信念に関わるメールなので、ちょっとお答えしますね。

天候に左右される仕事をしています。地域は兵庫県南部です。
予報のポイントが近畿一円のような大きなものではないかと疑うほど当てに
ならないことがよくあります。

>これは、たぶんスケッチ予報とかのことを言っていると思うのですが、ポイントというのは、全体的な大きな特徴を指すものです。狭いエリアで見れば、そこは当てはまらないということはあります。ですが、その後の解説を聞いていれば、フォローしているはずです。

雨が降っているのに晴とかその逆とか気象庁の
雲の動きで自分で予想した場合が安心できることも少なくありません。

>まず、ご自身でできるならその方がいいと思います。あと、具体的にどの場所、どの日を言ってもらわなければ、こちらも検証できません。ちなみに、フォーキャストだけではなくて、もちろんハインドキャストも行いながらの反省の日々です。ひょっとして予報通りになっている日が6日あっても1日外れたら、印象に強く残っており、予報通りにならないとおっしゃっている可能性がありませんか?気象庁のデータですが、予報精度がどのくらいなのか毎年検証されております。
https://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/kensho/yohohyoka_top.html

自然科学は、100%ではないという根本の所を御理解していただき、信じるのではなく、参考にしていただければと思います。気象予報は宗教ではありませんので。「絶対」なんて言葉は、この仕事をする上では、自然に対する冒涜、もしくは傲慢であると考えています。

蓬莱氏は予報以外にいろいろとタレント業務をされているようですが、本来の
気象の研究をされているのでしょうか。

>タレント業務をするのは、人に自然のことを伝えたり、人前に出て何かを表現することが好きだからやっています。当然、本業に支障が出ないように、むしろ勉強にもなる良いきっかけだと思って、ありがたくご依頼が頂ければさせていただいております。人の仕事に口を出されるのは、論点違いかと思われます。気象キャスターという仕事はつくづく不思議な仕事だと思います。気象の研究者でもなければアナウンサーでもありません。タレントでもありません。気象学会などで様々な方の研究結果を勉強させていただくことはありますが、僕自身は論文を書いたりしません。逆に、気象研究者は、僕らほど毎日の天気図を見たり、季節の行事や動植物などに幅広く気を配ったり、日々の天気をどう伝えるか考えたりはしないでしょう。気象研究者や気象庁の方と話しをすることがありますが、僕らは住み分け、役割分担をしています。

へんな講釈を言われるより気象庁の受け売ですと言われた方が腹がたちません。

>ただ、予報だけを見たければインターネットでご自身で気象庁の予報も民間気象会社の予報も見られる時代です。テレビの天気予報というのは、その番組や気象キャスターによって、どのようなコンセプトでコーナー作りをするか考えられています。ただ、予報だけをシンプルに見たければ、そういった番組を探せばいいと思います。僕の場合は、10年以上、この仕事をやっていて一貫しているのは、普段の穏やかな天気の時は、空のことや自然のことに興味が出て、生活にちょっとでも彩りが出てもらえたら嬉しいなという想いでやっています。自分自身は、子供の頃、天気少年ではなかったので、天気予報をまともに見たことがありませんでした。そんな自分を想像しながら、どうやったら天気予報に興味を持ってもらえるか、限られた時間の中で「空がどうして青いのか」や「天気図の見方」を伝えらえるのか考えています。自然科学に興味を持つことは、「気象災害から身を守る防災」にもつながると思っています。

そして、災害が迫った時には、情報を的確に運び届ける役割であることを意識しています。真剣にやっているかどうかは自分自身で語るのは、根っからの日本人気質から無粋であると感じ、言葉にせずともそれを見て、ある意味、表現者として作品を見て判断してもらえればと思ってやっています。

気象の予想された数字自体は「data」であり、情報ではありません。情報とは、そのデータを受けとった人がどう行動するかまで責任を負って情報「information」だと考えます。情をもって報われる。「information」を翻訳したのは森鴎外だということを10年以上前に受講した防災士の受験時に学びました。

僕の伝える天気予報は、informationであり、自然科学を楽しんでほしいという情や予想気温の数字からどういう行動がおすすめかという情が飾り付けされておりますので、それが「へんな講釈」と言われるのであれば、他の番組を見るかご自身で「data」を得ることをおすすめいたします。ちなみに、僕の知る限り、既存のテレビ番組では、データだけを伝える天気予報はないように思えます。

あと、天気予報が一律同じだと勘違いされているかもしれませんが、読売テレビは、民間気象会社ウェザーニューズの情報を活用しており、気象庁の予想とは違います。予想が外れて腹立たしいのは、大変申し訳なく思います。千葉県にあるウェザーニューズの本社の予報とこちらに在中しているウェザーニューズの予報士と検証しながら、気象庁の予報も参考にしながら最新の情報で予報を発表しています。毎日ハインドキャストもしながら、予報精度100%は無理にしても、できるだけそれに近づけるような姿勢で気象業務をしています。

「受け売り」という言葉を辞書で調べますと、他人から聞いた知識や話を、そのまま違う人に話すこと。と出ます。「気象庁の受け売りと言え」という発言は、気象予報士という仕事の意味を御理解いただけていないのか、僕だけではなく気象キャスター、気象予報士という職種に対する偏見と卑下の暴言と捉え、軽々しくこのような言葉を使われた部分に関しては、こちらも悲しみとそちらの無知さに対する憤りを覚えます。

私以外にも多くの職業の方が予報を見て明日の仕事を左右されていると思います
みなさん生活が懸かっているのです。蓬莱氏のようにいいばっなしで無責任な仕事
は他にないのです。

>さまざまなお仕事をされている方に直接会う機会を週一度いただき(今はコロナでいけていませんが)、当然、自分の言葉によって多大な影響が出るということは10年以上も続けていれば感じざるをえません。

あしたの天気が誰かにとっては大切な日であるということは、常に頭に置いてやっています。だからこそ、ただ「晴れ」という予報ではなくて、先人たちが作り上げた季節の言葉を借りたりしながら、どう伝えるか頭を悩ませます。病室から空を見ていたという人の家族から「故人が天気予報を楽しみにしていた」という感謝の手紙をいただいた時には、天気予報は外に出られる人だけではなくて、そういった人にもあしたの空のことや自然科学のことを伝えているのだなと痛切に感じた経験もあります。

「いいっぱなしで無責任だ」という意味は、外れたら辞めろというようなことだと思量しますが、気象キャスターとしての責任は、毎日崖のふちにたっているような感覚を感じながらやっています。適当なことを言っておれば、視聴者は当然離れますし、テレビ局からも切り捨てられます。我々は常に来年の仕事の保証はありません。いつ切られるかわからない緊張感の中、自分の思想を持ってその天気コーナーを担当し、見る人の命と生活を預かる情報を伝える仕事をしておる次第です。そんな状態でも10年以上続けている僕が切られるのを貴殿が待つよりかは、別の番組を見るか、またはご自身で予想された方がよろしいかと思います。

正確な予報ができるように勉強してください。予報に専念して

>正確な予報というのは、繰り返しになりますが、自然科学では100%は無理なのです。気象の論文を書けるような、研究ラボもありませんし、データを集めて仮説を立てて検証していく膨大な時間も予算も気象キャスターにはございません。ひょっとして貴殿は、テレビで放送される尺が3分だからといって、3分だけ適当に仕事をしていると勘違いされていませんでしょうか?マスメディアで生放送3分話す情報というものは、天気図の解析、画面の選定と作成、表現方法の検討などでトータル4時間半かかっています。

残された時間は、ご指摘されなくても、自身の未熟を埋合すために費やしております。

「予報に専念して」という言葉に関しては、気象情報が外れてご迷惑をおかけしてしまったという お叱りの叱咤激励なのだと真摯に受け止めさせて頂きます。ただ、見ず知らずの顔も知れぬ方から、手紙の最後に丁寧語を使われず、言いっぱなしにされたことに関しては、この手紙の内容を踏まえた上での、〆として濃厚なジョークなのか、いささか社会人として不満に感じてしまいます。

読書メモ:天災と日本人

自分のためにメモしておこう

天災と日本人

寺田寅彦随筆選


今も100年前も、災害に対する人間の心理・行動の根本的な所は変わっていない。そのことに本書を読みながら改めて気づかされた。

「この場所に数十年住んでいるけど、こんなことは初めて・・・」「まさかこんなことになるとは・・・」

実は100年前から同じで、メディアがそれをあたかも大げさにいうことも変わっていない。

その起こった災害は、その場所の過去を調べると、数十年前に起きていたりする。これは今に始まったことではない。
人間は災いを忘れる生き物なのだ。そのことを認めてしまおう。災いを忘れるということは別に特別なことではなく、昔からそうなのだ。そういうものなのだ。そうでないと生きていけない。防災について、毎日ずっと考えながら生きていると疲れ切ってしまう。「外を歩いていて、もし横を通る車がこっちに突っ込んできたら、どうしよう・・」なんて、そんなことを横を通る車すべてに毎回考えていては、外も歩けない。
ただ、自然災害が厄介なのは、稀にくるから油断できない所にある。全く忘れてしまってはいけないのだ。何かの折にふと防災に気をとめ、たまに思い出すことは大切である。


「災害は忘れた頃にやってくる」というこの言葉は、いろんな意味が凝縮されたとても深い名言なのだとしみじみ感じた。

日本人としての災害の向き合い方

有史以後、地理的気候的変化が大きく変わっていないことを考慮し、我々の先祖の時代から如何なる生活様式を選んできたのかを学び、自然への随順、風土への適応を考える。
日本は他国と比べ地震、津波、台風が多く、特殊な環境にある。自然科学、防災の知識水準は普通教育により高めることが重要で、それは西欧や他国との教育のやり方に合わせる必要はないのだ。なぜなら日本という国は自然と分断するのではなく、融合する形で生活し、それゆえに災害も多く遭ってきた。我々の数千年来の災禍の経験は、日本人に環境の複雑な変化に対応する防災上の優れた知恵を養成することに役立ち、仏教の根底に流れる無常観がそこにうまく組み合わさってきた。
その土地のすばらしさも脅威も同時に知る、それこそが愛国心を持った大和魂でなかろうかと。


環境のことについて

NHKクロ現

ライフスタイルチェンジ

コロナをきっかけにライフスタイルが変わったという話しが面白かったので、なんとなくメモして残しておく。


環境や自然のことに興味があってこの仕事をし始めた自分を久々に思い出した。
そういえば、早稲田大学1年生の頃(2002年)、スローライフについて興味があり、環境問題のゼミに入ったっけ。
そこから時代と共にいろんなカタカナ用語や表現が変わって、今はSDGsという。


大量消費社会から持続可能社会へ
特に服飾産業の話しは面白かった。服飾メーカーの中には大量生産大量消費をシフトチェンジし、その人が必要な分だけ持つ社会へと変化を目指す企業があると。
確かにかつての大量生産大量消費、購買意欲を刺激して何とかして買わせる!って、服飾産業はイメージしやすい。ワゴンに服が山積みになってセールするような形の売り方は、おそらく未来には減ってるのかもしれない。
また、着なくなったものをすぐ捨てるのではなく、形を変えて新たに利用する、それを消費者が楽しむ方法の提案もしたりしていると。
持続可能社会に取り組む考えができる企業は、持続可能な企業という判断をされ、投資家から評価される時代のようだ。
飲食店が複数協力して、ある会員になれば、水筒に水を入れてくれるサービスなんかもあるらしい。その際に店で注文をしなくてもいいそうだ。ペットボトルのゴミをなるべく出さないようにする取り組み、消費者側も店側も一緒になって取り組むと。
近い将来に、環境に取り組む姿勢や行動は、消費者側も店側も当たり前になってくるのだろう。水筒を持ち歩いたりエコバッグを持ち歩いたり。


ほんの20年前を思い出してみよう。列車の座席でもタバコを吸っていたり、街中でポイ捨てが当たり前だった時代は、ほんのついこないだまで普通にあった。今は、そうではないことが当たり前になった。その社会が今は普通だと思える。道端にタバコの吸殻がなく、歩きタバコをする人もいなくなって、結果、心地良く過ごせている人が多いのである。良いのがわかっていたのに、昔はそっちになかなかいけなかった。ゴミの分別だってほんの30年前はほとんどしていなかったように記憶している。それが今や当たり前に・・。
これから訪れる(目指している)持続可能社会というのも、これらに似た感覚なのかもしれない。


環境への取り組みはしなければならないという考えではなく、したいと思えるか、自分がやりたいからやると言う方向性に、企業側もどう導くか。

そこがポイントのような気がする。
自分がやりたいと思えるからやっている、という人が現在女性を中心に増えていて、コミュニティーがゆるーく繋がりつつあるようだ。
ここでふと、「ハチドリのひとしずく」という南アメリカ先住民族の言い伝えを思い出した。一人の行動自体は小さく直接影響がないかもしれない。でもその行動を見て心を動かされた人が二人でもいたら・・それが10回起これば、そこだけで2047人に広がる。


やりたくないという人は、たぶんどんな客観的なデータを提示しても現時点では無理だろう。今はそこを説得するためにエネルギーを向けるのではなく、やりたいからやるんだという自分にエネルギーを向けて、ポジティブな共感できる繋がりを感じていくのはどうだろうか。


自分の環境、防災に関する現時点のキーワードが見えてきた気がする。


「自分がやりたいからやる」

「念のために」

金木犀の香り


「街を歩いていますと、金木犀の香りがどこからともなく漂いまして、爽やかな秋を感じられますね」

なんてお伝えしておりますと、

若い方から「金木犀の香りはあまり好きじゃない😩」

と言う方もいらっしゃいまして・・

どうしてかとお聞きしますと、

「だってトイレの臭いみたいなんだもん」

なんておっしゃるのです。

金木犀の香りは、

トイレに入った時に、爽やかな秋の空気を思い出してもらい、秋晴れのような開放感に一時浸って頂く

がための金木犀の香りでございまして、

金木犀の香りを感じてトイレを思い出す

のは、此れまさに本末転倒なのでございます。

私が生まれた時分から、もう既にこの世にトイレの芳香剤というものはありましたので、

いつの間にやら逆の発想が当たり前になっていることを感じさせられたことがありました。

新しい時代と古い時代の狭間に生まれた人間のちょいとしたボヤきでございます🙇🏻‍♂️

・・なんて、いう枕から天気予報の解説に入ってみようかななんて考える秋の夕暮れ。

2020年夏は勉強の夏!

今年はイベントなど軒並み中止で時間に少し余裕ができましたので、

改めてこの夏に防災士の資格の講習を受けなおしました。

一回とったら、それっきりで後は自分で勉強して下さいという資格なのですが、僕がとったのは2009年で10年以上前。

法律も内容も変わっているだろう、もう一度整理しようと思ったのがきっかけです。

先に言っておきますと、10年以上前に防災士になった方はテキストだけでも購入し直した方がいいと思います。講習まで受けるとまた費用がかなりかかりますのでオススメしません(6万円近く!)

さてまず、事前に届いたテキストを見てびっくり!

・・・分厚くね?!

2011年の東日本大震災以降、火山噴火、地震、台風、竜巻、大雪、猛暑など立て続けの異常気象のため、10年前より1.5倍くらいページ数が増えていました!!

災害対策基本法の改正、国土強靭化計画、企業のBCP、災害救助法改正などなど

自分は、あえて講習を受けさせてもらいました。でないと、勉強するモチベーションが上がらなかったので・・・

講習会場では、若い人(10代)や女性が多くてびっくりしました。

10年以上前に受けた時は、おじさんしかいませんでした。

それだけこの資格が世の中に浸透しているんだな~と実感。


土日の2日間、朝9時~夕方18時までみっちり講習スケジュールが詰まっています。

久々にがっつり勉強して思ったのは、「勉強する体力と集中力」が昔より明らかに衰えていたこと。。。

年を取ると、新しいことにどんどんチャレンジしなくなってしまうのは、こういうことかと危機感を覚えましたが、そんな中でも若い人たちに交じって自分よりだいぶ年配の方も受講していましたので、見習いたいなと思いましたね・・

講習は、昔より進化していて、ハザードマップを使ってより具体的な講習内容になっていました。

2日目の最後にはテストがあるのですが、直前で「すでに防災士の蓬莱さんは受けられません・・・」とのこと!

残念!!落ちたらヤブ蛇だと思って、めっちゃ緊張感を持って勉強したのに。。なんだったら満点目指していた勢いだったのに。。。

でも、おかげで8月は防災について改めて勉強し直す期間になったのでよかったです。

ちなみに、6月7月のうちにはこんな資格も新たに取得しました。

熱中症対策アドバイザー

これはウェブ上で試験を受けて合格すればカードとベストが届きます。

夏が来る前に「今年の夏が猛暑の予想」でしたので、取得しておいたのです。

この熱中症の知識も改めて勉強し直せたので、オンエアで活用することができました。

興味がある方は、防災士や熱中症対策アドバイザーの資格を調べてみては?

だいぶご無沙汰に・・・

ツイッターでいろいろ告知をしてしまうので、

なかなかこっちがご無沙汰になってしまいます・・・

もともと、言いたいことはほとんどテレビで言えてしまっているので、

告知するくらいしかないんですよね。

でも、今はその告知も、イベント・講演が中止のため、ほとんどありません。

逆に、勉強したり家族の時間が多くとれてよかったりもしていますが。。。

とりあえず、今アイデアはいろいろありますので、どういう形で披露しようか考え中です。5個くらいのアイデアを常温で寝かして様子見している所です。笑

あと、8月には防災士の資格もあえて受けなおしてみようと思って、そっちの時間も必要だし、そんな時期に限って、「愛の不時着」とか「梨泰院クラス」に夜な夜なハマってしまっているという・・・

相変わらずバタバタしながらいろんな準備をしていますので、また報告しますね~

ちょこちょこいろんな所でインタビュー記事や原稿を書いていますので、またお目に留まりましたらよろしくお願いします。