ちょっとご無沙汰に・・・

ツイッターもし始めてから、こちらがご無沙汰に・・・

近々、記事書いてアップします。

ありがたいことに原稿書いたり、取材きたり、ラジオのレギュラー決まったり、バタバタしております!

気象予報士会関西支部の方が見学に!

気象予報士になると、気象予報士会というのがあって、僕はそこの会員です。

気象予報士会では、さまざまな活動や勉強会が行われているのですが、気象予報士会関西支部では、約4年に1度ペースで読売テレビの気象ルームの見学会を行っていて、

先週、新社屋になって初めて来られました。

参加されたのは、16名。全員おじさん。ほぼ全員僕より先輩・・・。笑

たまにこういう緊張感も良いかなと。

見学会というより監査?!笑

のような気分です・・・

しかも、見学時間は今回、かんさい情報ネットten.の準備のピーク~オンエアの時間帯16時~19時にしてもらい、現場でどうやって予報をしているかを丸裸で見てもらいました。笑

おそらくこんな現場は、今まで見せた人いないと思います。

なぜなら、かまってられないくらい忙しく追い込むからです。

直前のピリッと感を極力出さないように努力しましたが、そうもいかず・・・

スタッフとオンエア直前までのギリギリのやり取りも見てもらいました。

なんならスケッチ予報の描く所も見てもらいました。いや~、こういうのたまにやらんと「僕が描いてない」と思われるからね!色塗りの早塗りの技を披露しました。

スケッチ予報は、アイデアを考えるまで約30分、下書き約40分、色塗り約20分の約1時間半です。色塗るのは、実はめっちゃ早いんです。

僕も気象キャスター10年目。この世界は10年でようやく一人前なんて言われます。ようやくスタートラインというわけです。

ここいらで、自分のやっているキャスターという仕事についての考え、やり方、思想、技術、キャスターのなり方、練習法もすべて手の内明かしてみようかと思う今日この頃。

今までは隠していた部分、見せない部分なんかもあったんですが、10年目というスタートラインにくると心境の変化が出てきたのでしょうか。

参考にしてもらったり、真似してもらったり、反面教師にしてもらったりでも何でもいいんです。隠さず表現するというのは、10年下積みをしたある程度の自信からくるものと、自分をもう一度リスタートかけて、今からまた数年かけて土台から築いていく決意でもあります。

とりあえず、勉強しよう・・・

写真撮影・提供:藤本栄作 氏(気象予報士)

虹に向かって走って行ったら・・・

先週、滋賀県に旬感中継で移動中に目の前に虹が出現!!

空高くではなくて、もうすぐそこに虹のアーチが!

ふつう、近づこうとすると、お月様みたいに同じ距離を保って離れていくはず・・・

しかし、このときは、どんどん近づけたのだ・・・

地表近くに水滴があって(霧)太陽高度が低かったので、絶妙な角度で虹ができたのだろう。こんな低い虹は初めてかも?!しかも近づけるなんて!

ようし!こうなったら虹の出ているところをみようじゃないか

古来から虹の出どころは宝物がある等、伝説が数多あるので・・・

では!!

・・・と思ったら、なんと!

湖西線の蓬莱駅があったのだ!

こんなことってある??自分の名前の駅じゃないか!!

2020年、私は何かを持っています!!・・・宝くじでも買うか。笑

いや、仕事がんばれよって言うね・・・(汗)

という珍道中もありつつ、到着したのは近江舞子。

水が透き通るきれいな所。ここに・・・

サウナテントを立てて中に入って、限界まで達したら、真冬の琵琶湖に飛び込むという健康法。生中継でっせ。さすが関西。

そんな天気予報を5時台にして、6時台は雄松館という明治時代からある歴史ある旅館にお世話になり暖炉の前で天気予報

サッパリしている?!というよりも、私服と暖炉の昭和感がすごい・・・

とりあえず、数日後こうやってブログを書いている時点では、まったく風邪もひいておらず、むしろ健康に拍車がかかったような気がする。

テントサウナ・・・

海外のサウナのように大自然で楽しめるサウナです。フィンランドとかでよく真冬に氷に穴をあけて入る水風呂にサウナから出た外人が入っているのテレビとかでみたことない?

次は、4月にまた滋賀県でやるみたいです。テントサウナで検索すれば出てくるかも?!

講演「気候危機と防災」についてのまとめ

2月1日に気象庁主催で講演をさせていただいた。

1年で1,2回ものすごい大変な講演があるのだが、確実にその内のひとつ・・・

いや、というのもやはり気象庁主催の講演に来られる方は基本業界の人か気象に詳しい人がほとんどだから。もちろん一般の方もいらっしゃるので、そこのバランスが非常に難しい所。

当日も朝番組のウェークアップ終わりで新幹線に飛び乗り、到着してバタバタだったので、残念ながら写真を撮るのを忘れてしまった。

ここでは、備忘録と現時点での僕自身の「気候危機と防災」についての考えをザクッと!まとめておきます。

・・・と思ったけど、ここから下の文章が今1時間ほどかけて書いたのに

すべて消え去ってしまいました。なので、また改めて書きます。

・・最悪です。つーか、このホームページサイト使いづらいし、ダメだな(怒)もっとちゃんとしたところを使うかな・・・

2月1日東京で講演やります


気候講演会「海と気候変動~海が異常気象を引き起こす?~」を開催します

 気象庁では、地球環境問題に関する最新の科学的知見などの普及啓発を目的として、平成元年から毎年「気候講演会」を開催しています。内容は下記の通りです。

日時:令和2年2月1日(土)14時~16時(開場13時30分)

場所:一橋講堂

対象:一般、300名(参加費無料・事前申込制(先着順))

主催:気象庁、(一財)日本気象協会、(一財)気象業務支援センター

後援:文部科学省、環境省、地球ウォッチャーズ-気象友の会-

講演内容:「海と気象」 東北大学大学院理学研究科 准教授 杉本 周作 氏

-海洋と気象の関係、海洋が台風といった気象に与える影響について解説します。さらに、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)が公表した「海洋・雪氷圏特別報告書」より海洋の現状や今後起こりうる海洋の変化など、“海洋”にまつわる最新の研究を紹介します。

「気候危機と防災」 気象キャスター 蓬莱 大介 氏

-2018年大阪を襲った台風第21号の映像を見ながら、危険度分布やハザードマップなどの防災情報の見方も含め、“防災”についてお話しします。また、気象キャスターの視点から、“気候危機”というキーワードで気候変動についてお伝えします。その他、気象キャスターの裏側の話も。

※参加を希望される方は、次の①~③を下記宛先までご連絡ください。

①代表者氏名、②参加人数、③メールアドレス

宛先:kikou-kouenkai@met.kishou.go.jp (QRコードからも取得できます。)

※申し込みをされた方には、当庁のメールアドレスから「受付完了」のご連絡をいたしますので、メールの受取が可能となるよう設定をお願いいたします。

問合せ先:地球環境・海洋部  地球環境業務課 担当 原田・田中 電話03-3212-8341(内線4225,5168) FAX 03-3211-8309  


12月25日増田さんの街角トレジャーに参加!!

クリスマス特別企画!かんさい情報ネットten.の大人気コーナー、増田さんの街角トレジャーが今年出会った人の中からクリスマスプレゼントを持っていくという企画。

なんと、僕のことを好きで僕の写真を下敷きに入れるくらいのことをしてくれている小学5年生の女の子の所へドッキリ!で行きました!

いざ、女の子のもとへ・・・

両親が海鮮丼のお店しているらしく・・・

当然行って驚かし、プレゼントで僕が描いた家族の似顔絵をプレゼントしました。

関西のみなさんはお馴染みのコーナーですが、全国の知らない人のために。

増田さんのこのコーナーは、夕方の時間帯で占拠率が30%以上になるんです。つまりテレビをつけている3人に1人が見ているくらいに大人気!

増田さんと仕事すると楽しい!!

密着記事の未収録ver.

朝は大阪城公園を散歩してから会社に行きます。

会社に行きながらもネタを探します。

着いたら、ウェザールームのスタッフと紅葉の話しを番組でできるか相談している所です。

天気図やいろんなデータを見ながら、あす以降の天気を予想します。約1時間半・・・

メイクは昼過ぎてから。ミヤネ屋本番直前か番組が始まってから・・・

髪型はメイクさんにやってもらいますが、顔は基本自分でやるようにしています。

「メイクは顔に塗るものではなくて、置いていくもの」だと開眼しました。笑

道具にはこだわります!

アイデアは、基本同じ場所で生み出すようにしています。

習慣づけですね。トイレ行ったらしたくなるみたいな・・・

いつもの机、いつもの道具、いつもの環境でアイデアが出るみたいな。

頂いたお手紙はすべて読んでいます。そしてすべて保存しています。

直前にデータを見て、オンエア画面で話す内容を確認してスタジオに向かいます。結構バタバタです。。。

スタジオ本番中のCMの間でもスタッフと時間尺の打ち合わせしながら、内容を微調整。だいたい尺が短くなることがほとんどですが。

ミヤネ屋が終わると、すぐさまten.の準備。出番2回分の構成内容を考えて画面を作成し用意します。

合間に外に出て空の様子もチェック!

綺麗な夕焼けの大阪城公園の写真をツイッターに載せたりします。

ここまで来てふと気づいたんだけど、天気予報でテレビに出ている時は割とニコニコしているけど、日常は時間に追われて必死ですね。笑

笑顔の写真がない。それだけがガチ密着だったということです。

オンエアで楽しくやるために、準備は真剣です。。。

番組の合間に筋トレもします。肩の筋肉がちゃんとないと、スーツが綺麗に着れません。なで肩だと災害時に頼りなく映るので。腹筋もたまにして、10年間体型をなんとか維持しています。

とまあ、だいたいこんな1日なのですが、

気象キャスター僕一人でやっているわけではありません。

お天気の蓬莱さんと呼ばれる時はチーム名なんです。

天気ネタのリサーチや画面設定をしてくれるスタッフ、画面作画をし一緒に構成を考えてくれるウェザーニューズのスタッフ、メイクさん、衣装さん、音声さん、カメラさん、番組スタッフ、これら全員の「作品」です。

毎日が大人の文化祭みたいな感じ?!笑

テレビを観ることが好きだったけど、作る側に立ってみて思った。

「作り手の方が100倍面白い!」

たまに嫌なこともあるけど、

天気を伝えるという好きなことが、うまく仕事につながったのは有難いの一言です。

だって必ずしもそうとは限らないからね。

好きなことも仕事でやっちゃうと嫌いになってしまいそうなら趣味として携わる方法もあるし、実際その世界では仕事としては向いていない場合もあるし。

でも、何か興味があればその世界を一度のぞいてみるのも若いうちは良いと思う。向いてなかったら別の道を探せばいい。そうやって人生の旅をして、これだ!と思う人や仕事に出会う。勇気を出して、いろいろ旅をしないと出会えないのよ。

そして、その旅の途中で失敗したことは、後から笑い話しになるのよ。僕で言うと、俳優やバンドやってた時のこととか。しかも、そういう寄り道したことが今の天気を伝える仕事の道にめちゃめちゃ役に立ってるっていうね!・・・でもこれって大人にならないと気づけないんだよな。だから、好きなことに出会えたなら、それを仕事にするなら、これからも僕は命かけて、人生かけて、天気予報をやっていきます。

まだ、そういう所に迷っている人は、「とりあえず旅してみたら?冒険してみたら?向いてなかったらケツまくって逃げればいいやん」

この辺の話しは、学生向けの講演会なんかでやっていますので、また良かったら来て!(宣伝)笑